ワクワクミーティング
エコショップ和は月に一度、全体ミーティングを行います。

6名の店長とマネージャーの山崎。そしてコーディネーターの鈴村さんを交え
いつも白熱した会議になっています。
一人、ひとりが本当に良くして行こうと、その意気込みも伝わってきます。
月に250名だった来店者も今や300人と増えて来ました。

これからは、今までに無いいろんな発想でエコショップの在り方をもう一度
見直して行きたいと思っています。

それぞれの店長も責任感がだんだん強くなり、そしてチームワークも以前より
数段に上がってきました。

まだまだ課題はありますが、ますますの活躍を期待しています。

f0077886_20341374.jpg
[PR]
# by takenori-suzuki | 2007-12-05 20:35 | エコショップ 和
タケワキ住宅建築
千葉のタケワキ住宅建築さんの仕事を見学に行ってきました。

タケワキさんの所は少ない人数で、とても上手に仕事を回しています。
理想と言える工務店です。
あまり棟数を求めず、確実にいい仕事をこなしています。

最近は専務の竹脇さんが中心となって新築を建てています。
そして、社長の竹脇さんはリフォームを中心に家守りをきちんとしています。
設計の三上さん、山本さんのコンビも見学会からお客様のフォローまで
とてもいいチームワークで、会社を盛り立てていました。

家族会社から少しづつ人も増え、地域に根差した経営は今回とても刺激になりました。
これからも、色々と教えて頂く事も多いので、楽しみにしています。

竹脇専務とは歳が近いためとても親近感を覚えます。
近いうちに、社長になる噂もありますがお互い切磋琢磨していきましょう。


竣工前の現場です。
色々と金物も手作りしていて、納まりもきれいでした。
タケワキスタイルを感じました。

f0077886_1502471.jpg





お寺の住職さんの家です。
ソーラーも威力を発揮していました。  あったかかった・・・・・。

f0077886_1504831.jpg




私は、色々と事務所を見る事が好きなんです。いわゆる、事務所フェチとでも申しましょうか。
タケワキさんの事務所も自宅を改造してあり、もうぎゅうぎゅうでした。
けど、とても親近感の湧くアットホームな空間が地域のお客様に支持して頂いていると
思います。

f0077886_151810.jpg
[PR]
# by takenori-suzuki | 2007-12-04 01:33 | 百聞は一見にしかず
羽根建築工房
先月、大阪の羽根建築工房さんの事に遊びに行ってきました。

私が所属している、もくよう連の仲間でもあります。

羽根さんの所は設計事務所の仕事が多いです。
特に建築家の仕事はとても大変ですが、数多く施工実績もあり
技術集団のような工務店でもあります。

羽根さんの仕事を見せて頂くと、とても学ぶ所が多く刺激をいつも受けています。
そんな羽根さんの事務所ですが、古い長屋で間口が2700ぐらいしかありませんが
とても楽しい空間でした。


横一列に並んだ机にはお互い譲り合って座るしか場所がありません。
壁一面の本棚はいつ倒れてくるか心配しましたが、羽根さんいわく隣の方へ倒れているから
こちらに倒れる事はなさそうと言っておられました。

f0077886_2240388.jpg




これは、一番奥にある水回りです。
場所が無いため、屋根の上に現場であまった流しを持ち出して使っていました。
アイデアというか、チャレンジャーというか、何というか・・・・。
さすが、羽根さんと言わせて頂きます。

f0077886_22431450.jpg




この日は、月末の日でしたので大工さんが勢ぞろいでした。
皆、若手の大工さんばかりでした。
社長の羽根さんに付いて行きまっせと言うとても団結した集団に
羽根建築工房の強さを感じた気がしました。

名古屋へも仕事に来て頂けるらしいので、その時はよろしくお願い致します。
f0077886_22441160.jpg




もくよう連の仲間は本当に素晴らしい人たちばかりで、この先が楽しみです。
お互い切磋琢磨しながら、いい建物を建てていける事に感謝です。
羽根さん、また学びに行きますのでよろしくお願い致します。
[PR]
# by takenori-suzuki | 2007-12-03 22:55 | もくよう連
ケミレスタウン
千葉のケミレスタウンにいってきました。

高千穂さんの限りなく自然素材100%に近い住まいづくりの建物を
見学しましたが、自然素材だからと言って安心できないものもあるので
素材には十分気を付けて選択しなければなりません。

設計は建築家の丸谷博男さんでとても素敵な空間でした。

建築に携わるものとして、これからの課題でもあります。

f0077886_1835435.jpg




f0077886_18353586.jpg
[PR]
# by takenori-suzuki | 2007-12-02 18:36 | 学ぶ
うちの社員
地域マスター工務店のブログ大賞を頂きました。

毎年選ばれていましたが、念願のブログ大賞を受賞出来てとても嬉しいです。

最近はブログで簡単に情報の発信が出来るようになりました。
HPよりも手軽な所が最大のポイントです。
これからどんどんブログ化になって行くと思いますが、ちゃんとマナーを持って
やらなければと思っています。


この、うちの社員と言うブログは、これから家を建てる人に、どんな会社で、どんな人が働いているのか
解って頂く為に始めました。
一般的に建築会社は外からは解りずらい傾向にあります。
それを出来るだけ見える様にしました。

基本的に週一回の更新を決めています。曜日担当を決めているので
誰が更新するのかすぐ解ります。それが長続きの秘訣かも知れません。
最近は建築途中の人、そしてOBのお客様にも好評です。
社員との繋がりはブログを通しても出来ていますので、社員の楽しみの一つにもなっています。

来年は、web大賞をめざして頑張りたいと思います。

f0077886_1746761.jpg
[PR]
# by takenori-suzuki | 2007-12-01 17:18 | コスモスタイル
ドイツ報告4日目
ドイツ4日目です。

やっぱり朝5時30分に起きました。
だんだん、体も慣れて来ましたが、その分疲れもたまってきました。
けど、早起きは気持ちがいいですね。

お約束の8時に出発でした。

はじめは、ベルリンのハインリッヒベール集合住宅に行きました。
建築家ブレンネ/エブレ  1995-1999

方位によって、色の決まりがあります。
勝手に好きな色を塗る事が出来ない建物。

f0077886_2248785.jpg




手すりの色もとてもカラフルです。

f0077886_22502489.jpg



続いて、ブレンネ設計事務所へ
f0077886_2333883.jpg



こんな、素敵な事務所で働きたいものです。
とにかく、広々しています。

f0077886_234631.jpg




続いて、またまた、集合住宅です。  
建築家  ブルーノ・タウト  1926-1932

f0077886_2374389.jpg




f0077886_238920.jpg



ベルリンと言えば、ベルリンの壁ですね。
東ドイツと西ドイツの歴史はそんなに古くはないので、
まだまだ、面影が残っています。

ドイツ人はいまだに、東に行ったて来ると、言う人もいるみたいです。

考えさせられる、歴史ですね。

f0077886_2312510.jpg




ここを、乗り越えようと沢山の命がなくなりました。
死者の名前を見ると、ベルリンの壁の崩壊の一日前に亡くなった方もいました。
とても悲しい出来事です。
この高さが、人の人生を変えてしまったのですね。

f0077886_2312488.jpg




そのベルリンの壁の中に建っていた教会が爆破され、その後に造られた
和解の教会です。
マルティン・ラオフ Lehm Ton Erde 設計事務所 (オーストリア) 2000

f0077886_232220100.jpg



壁は、壊された教会の残骸を砕いて固めています。

f0077886_23225271.jpg




この日は少し早く終わりましたので、ベルリン市内で自由解散でした。

市内にある大型デパートのギャラリーラファイエットにいつてきました。
1996 建築家ジャン・ヌーヴェル

f0077886_2330187.jpg



ガラス張りの吹き抜け。円錐の形になっていました。
いい仕事しています。
f0077886_23302339.jpg




f0077886_2331455.jpg



その後は、テレビ塔の方へ歩いて行きました。
ライトアップされたテレビ塔とベルリン大聖堂

古い建物ですが、あまりの大きさにびっくりしました。

f0077886_23343491.jpg




ホテルに戻ったのは、24時を過ぎていました。
[PR]
# by takenori-suzuki | 2007-11-08 23:39 | 旅行
わくわくミーティング(店長会議)
月に一度の店長会議がありました。
エコショップ和もまる3年が過ぎ、いよいよ本格的に何かを作ろうと思っています。

店長の不足人員もそろい、今回からフルメンバーになりました。
マネージャーの山崎も一段とパワフルになりそうです。
また、オブザーバー(コーディネーター)の鈴村さんにも毎回力を頂いて
本当に良くなってきています。

今後の活躍が楽しみになっています。

下段の左より月曜店長から始まり、一番右は日曜店長です。
上段の左が、鈴村さん、中央がマネージャーの山崎です。

f0077886_22132012.jpg





11/11より、ドイツの雑貨展が始まります。
私がドイツにら行った時に仕入れた、面白いものが勢ぞろい。
早いもの勝ちですので是非お越しください。
子供用エコバックもありますよ。

f0077886_2219698.jpg



[PR]
# by takenori-suzuki | 2007-11-07 22:05 | エコショップ 和
ドイツの報告3日目
ドイツ報告3日です。

相変わらず、朝5時30分に起き、6時からの朝食を食べ
8時に出発とあわただしい朝。しかし、3日目となると少しはなれてきました。

スタートはハンブルグのソーラー住宅を見学。
1994-2000にかけて出来上がった住宅街です。
やっぱり、ソーラーと言えば、屋根にガラスが乗っています。
太陽熱利用は、OMソーラーと同じですね。

f0077886_203647.jpg




続いて、田舎道をひたすら走りウィーレン/フィルブリッヒにある
今回のツアーの主役である、リボス本社へ
意外と、小さかった。建物は昔の工場を改装したもの。
建物内のホールはレンガが積みあげていました。

f0077886_20414815.jpg




噂には聞いていたが、ドイツ名物のジャガイモにリボスの原料に使われている
植物系のオイルをかけ、安全性をアピール。
しかし、味としてはいまいちでした。

f0077886_20421740.jpg



つづいて、ウォルフスブルグにあるカルチャーセンターを見学。
この建物は建築家 アルバーアァルト 1959-1962 の設計です。

f0077886_20473757.jpg



自然の光を取り入れた設計は、ただ唖然とするばかり。
奥が深いと、うなってばかり。
f0077886_20475941.jpg




アァルトと言えば階段のデザインがとても良いです。
f0077886_20482092.jpg



芸術品ですね。

別の代表作もご紹介。

f0077886_2054128.jpg





ベルリンに向かう途中にみた建物。
なんとも言えない建物。宇宙船のようでした。

f0077886_20555098.jpg



f0077886_20561154.jpg



やっぱり、ホテルに着いたのは、20時位でした。
[PR]
# by takenori-suzuki | 2007-10-28 20:58 | 旅行
秋山スクール
10月23日.24日と滋賀県の平野住建で
負けないデザインを学ぶスクールがありました。

平野住建さんの初期の建物(秋山先生と若き平野氏の奮闘した建物)から
4年ほど前のフォルクスハウス、そして現在の無垢材を使用した建物と
レッドウッドの集成材の建物を見学しました。

平野スタイルは新しく進化し、西のシンケン、東の小澤に次いで中部の平野と
秋山先生にお墨付きを頂いたほどです。

来年から始まる、秋山スクールもとても楽しみになってきました。


現在の平野スタイル

f0077886_20121187.jpg




f0077886_20125292.jpg





懐かしのフォルクスハウスのリーズ
f0077886_20131693.jpg



秋山先生と若き平野氏の出会いの場になった、
信楽 小川顕三陶房は平野さんがOMに入会するきっかけとなった物件です。

f0077886_20201132.jpg





気持ちいい、お風呂です。
ここは、宿泊もできる施設になっています。
f0077886_20203272.jpg




久し振りの秋山節はとても心に響きました。
これからの、秋山スクールに期待しています。
f0077886_2020541.jpg
[PR]
# by takenori-suzuki | 2007-10-24 19:35 | もくよう連
ソーラーれん
ソーラー れん、が始まります。
詳しくは自然エネルギー研究所のホームページをご覧ください。


f0077886_19254378.jpg
[PR]
# by takenori-suzuki | 2007-10-17 19:28 | もくよう連